2007/08/22

ようやく完成です! MG MS-06JザクVer.2.0製作記14

ようやく完成しました! MG MS-06JザクVer.2.0製作記もいよいよ最終回を迎えました。

途中武器が、ウォッシングで破損したり色々ありましたが、ようやく完成にこぎつけました。
結局足掛け3ヶ月くらい掛かってしまいました。

ウェザリングマーカーのシルバーを使用して、ドライブラシで仕上げです。
最後に、クリアーコートつや消し吹いて完成です。

立ちポーズ
少しわかりにくいですがH-EYESが少し光っていますね。
R0011144_2

こうして全体見ると、ウォッシングとドライブラシもなかなかよい感じに仕上がっているのではないでしょうか。

ザクマシンガンを構えて
ポージングの幅が広いので、簡単に両手持ちも出来ます。
R0011145

膝をついてのポーズ
今回のザクの売りの一つである、屈みポーズです。
R0011146

これだけ動くのが本当に凄いです。

ちょっと上からのポーズ
汚しがよい具合に入っていませんか? ってなかなか自己満足の世界ですね。
R0011147

後から...
バックパックのドライブラシと、脚部の汚れがかっこよいです。
R0011148_2

バックパックをアップで...
肘など黒いパーツはドライブラシするとかなり引き締まりますね。
R0011149

最後にアップで...
動力パイプの辺りが質感が出ていて自分でもお気に入りです。
R0011150

最後になりましたが、今回このザクⅡJ型Ver.2.0では、ウォッシング、ドライブラシなど今までやったことの無い技術を導入してみました。
試行錯誤しながら、パーツ破損なども経験して少し凹みましたが、完成には自分では満足しています。

ただ、いつものことですが、ガンダムデカールの発売は出来ればキットの発売に合わせて欲しいですね。
今回もキット付属のシールを使用したのですが、仕上げにこだわればこだわるほど、水転写デカールの薄さとフィット感が良く思えてきます。

どんなに渕をギリギリでカットしようとも、シールの厚みだけはどうしようもないですからね。

途切れ途切れに作業続けて、ともかくようやく完成にこぎつけました。
疲れたぁ、これで一段落です。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/09

武器墨入れ! MG MS-06JザクVer.2.0製作記13

休みの日にクリアーコート光沢を吹いていたので、武器類の墨入れをしました。

今回は、リアルタッチグレー3とコピックブラック0.02の両方を使用して作業しました。
リアルタッチグレー3は、ほとんど「黒」に近い色なので、コピックと両方使ってもあまり違和感はありません。

先ず、バズーカから...
R0010915

次にヒートホーク
R0010916

最後にザクマシンガン
R0010917

リアルタッチグレーは、はみ出しが多いのでふき取る部分が多く、綿棒をかなり消費します。
やっとここまでたどり着きました。

もう少しで完成ですね。ウォッシング失敗してから立ち直るまで結構時間掛かりましたからね。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/01

武器類を再度製作! MG MS-06JザクVer.2.0製作記12

気持ちが萎えていた、MG MS-06JザクVer.2.0の武器類を再度製作しました。
R0010910

前にも書きましたが、マシンガン、バスーカなど合わせ目消しは必要ないのですが、パーティングラインを消さなければなりません。

結局、合わせ目消しと同じような作業が必要になります。
ということで、面倒くさくてなかなか手をつける気になりませんでした。

もう一個買っていたザクから部品を取って、製作しました。
パーツ切り出し → デザインナイフでゲート処理 → 400番からペーパー掛けしました。

時間も掛かりますが、肩も凝りますね。

後の工程は、クリアーコート光沢 → 墨入れ → ドライブラシでいこうと思います。
前回失敗した、ウォッシングは今回は無しで仕上げます。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

本体完成しました! MG MS-06JザクVer.2.0製作記11

ついに本体完成しました、MG MS-06JザクVer.2.0製作です。

墨入れの作業を引き続き行いました。
本体の濃いグリーンの部分は、リアルタッチグレー3で墨入れしました。

グレーといっても、ほとんど黒に近い色合いですね。

それから、クリアーコートつや消しを吹きました。

コートが乾燥してから、再度ウォッシングに挑戦です。
外装全般を、エナメルカラーのフラットブラウンを、ペトロールで薄めて作業しました。

今回は、前回の武器での失敗を生かして、なるべく筆に塗料を染込ませず、なるべく薄く伸ばして塗装しました。
それから、☆の鼓動は愛さんのアドバイス通り、すぐにふき取りに入りました。

幸い、パーツの割れは発生しませんでした。
全身をウォッシングしたのですが、素早い作業を心がけたので実質1時間くらいの作業でした。

これも乾燥してから、クリアーコートつや消し吹きました。

今度は、キット付属のデカールを貼り込んでいきます。
残念なのは、まだ水転写デカールが発売されていないことです。

デカールが発売されていれば、作業ももう少し掛かっていたかもしれません。
基本的には、キット付属のデカールはシールと、ドライデカールなので乾燥を待つ必要がないので早い作業が出来ます。

ただ、シールは厚みがあるので仕上がりの見栄えがもう一つになってしまいます。これが欠点ですね。

シールの貼りこみが終わったので、ドライブラシをしました。
エナメルカラーのオリーブグリーンを基本に、フラットホワイトを混ぜて、これもペトロールで薄めて作業しました。

筆に含ませた塗料を、ティッシュでカサカサになるまでふき取ってから、パーツのエッジを中心にこすり付けていきます。
少しづつ、ホワイトの混ぜる比率を多くして、4段階くらいでドライブラシしました。

脛部や、上腕、肩部、胸部、バックパックなどエッジの多い部品はかなり引き立ちました。

これもクリアーコートつや消し吹いて仕上げました。何回クリアーコート吹いたかわかりませんね。

最後に、モノアイガードやモノアイを組み込んで本体完成しました。
武器類が完成してから、写真を撮りたいと思いますので、今日はこれだけです。
R0010867

自分でも、完成したものをじっと数分見てしまいます。
ウォッシングなど失敗もありましたが、自分としては今までの技術を全て投入して完成した作品ですので思い入れも一入です。

以前にもザクⅡF2など作りましたが、ザクはどうしても凝って作ってしまいます。

とにかく一応の完成を見たので、ほっと一息です。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/06

墨入れ開始! MG MS-06JザクVer.2.0製作記10

最近の製作にしては珍しく、毎日少しづつ進んでいます。
少しづつでも作業が進むと楽しいです。

クリアーコート光沢まで済んでいるので、今日から墨入れ作業に入りました。
インナーフレームは既に仕上がっているので、外装の墨入れのみです。

そんなに時間は掛からないと思っていたのですが、意外と掛かってしまいました。

今日は、両脚部、左腕部の墨入れを行いました。
墨入れに使ったのは、前回の記事でも書いている通り、リアルタッチマーカーのグリーン1を使用しました。

外装だけだと甘く見ていたのですが、動力パイプは1個1個モールドがあるので、作業時間が掛かりました。
また、結構塗料が出るためか、綿棒はいつもの墨入れ以上にマメに変えながら作業しました。

今日の作業はここまでです。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/05

クリアーコートつや消し&光沢! MG MS-06JザクVer.2.0製作記9

前回重大事故が発生した、MG MS-06JザクVer.2.0製作ですが、皆様からも励ましを頂き立ち直ってきましたので作業再開です。

ドライブラシまで済んでいたインナーフレームを、ドライブラシを保護するためにクリアーコートのつや消しを吹きました。

それから、乾燥したインナーフレームに外装を取り付けます。
外装が多いので、この作業だけでも結構時間が掛かりますね。

外装は、ペーパー掛けしているので、そのまま墨入れすると、はみ出した部分が染込んでふき取れなくなるので、クリアーコート光沢を吹いてふき取りやすくします。

この作業を、帰宅後にベランダで部屋の明かりを頼りにスプレー作業行いました。

墨入れは、腕部、脚部の明るいグリーン部分は、リアルタッチマーカーのグリーンで作業したいと思います。

今日はあまり進んでいないので、写真のアップはありません。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

重大事故発生! MG MS-06JザクVer.2.0製作記8

MG MS-06JザクVer.2.0製作も、休みの間に徐々に進行しています。

しかし、事故が発生しました。
詳細は下部をご覧下さい。

2日の土曜日ですが、武器類を製作しました。
今回は、マシンガン、バズーカ共に合わせ目消しが全く必要ない部品構成になっています。

ですので、作業自体は、ゲート処理とパーティングライン消しということになります。

マシンガン、バズーカでなんやかんやと2時間くらいはかかりました。
合わせ目消しが必要ないのですが、接着作業がないだけでわりと時間の掛かるものですね。

脚部につけるミサイルポッドも一緒に製作しました。
これも本体の真ん中に、モールドをまたぐ形でパーティングラインがありました。

これもパーティングライン処理に時間が掛かった要因です。
処理が終了してから、洗浄して乾燥させます。
R0010857

3日の日曜日は、takaの授業参観だったので帰ってきてから作業しました。
今回は、初めてウォッシングで墨入れを行いました。

エナメルのフラットブラックを、ペトロールという油絵の具の溶剤を使用して薄めます。
どれくらいか加減がわからなかったのですが、5から6倍の希釈です。

インナーフレームを脚部からどんどんと、なるべく薄く塗っていきます。
それから、昨日乾燥させておいた武器類も、一緒に作業しました。

電撃ホビーマガジン07年6月号で、クラック対策として、エナメル溶剤でなくて、ペトロールを使用するとパーツの割れが防げると言うことだったので、ペトロール購入して作業しました。

1時間ほど待って、ペトロールを塗料皿に出して、綿棒に染込ませて、ふき取りの作業をしていきます。
細部に、墨が残るような形で拭きとっていきます。

本体のインナーフレームのふき取りが終了して、武器類の作業に入った時です。
マシンガンのマガジンをふき取っていた時ですが...、少し割れていました。

これは、はめ込む時もきつかったので、まあある程度仕方ないなと言う感じでした。

そして、マシンガンをふき取ろうと思って、持ち手を取った時です。

ひびが、ひびが...、ひーーーばきばきになっていました!

バズーカも同様にバキバキです!
見事に、溶剤の染込みによるパーツ破損を起こしていました。
R0010858

目の前が真っ白になって、作業を中断しました。
パーツの請求で、ざっと1000円くらい掛かります。

あまりに暗かったんでしょうか。
後からtekoさんが、「パーツ請求で1000円くらい掛かるなら、新しいの買ったら?」というありがたいお言葉。

しかし、実はもう一つあるとは言えませんでした...
パーツ請求か、もう一個の方の武器を作るか悩みどころです。

やっぱり初めての作業は慎重にしないとダメですね。勉強になりました。
ペトロール等使用しても、塗料自体はエナメルですからプラを侵食するんですね。

皆さんも、十分に気をつけて作業してください。

気を取り直して、3時間ほど乾燥させてから、クリアーコートつや消し吹きました。
これも乾燥を待って、今度はドライブラシを初めて行いました。
R0010859

ガンダムウェザリングマーカーのダメージシルバーを、先を塗料皿に付けて出してから筆でとり、かさかさになるまでティッシュでふき取ります。
それから、インナーフレームのパーツに擦り付けていきます。

これは、なかなかうまいこといきました。
良い感じで、質感が出ています。写真ではわかりにくいですね。
R0010860

ウォッシングを失敗したので、外装もウォッシングで汚れ表現しようと思っていたのですが、悩んでしまいます。
コートで一回膜をつくれば、大丈夫かな。それても、ドライブラシだけにしようかな。

ザクの武器は、きつくはめ込む所が多いので、今度は、墨入れも慎重にして、ドライブラシで仕上げたいと思います。
本当に勉強になりました。

シャアザクは、キレイ目に作ろうと思うので、ウォッシングも、ドライブラシも関係ありませんので心配なく作りたいと思います。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/01

本体できました! MG MS-06JザクVer.2.0製作記7

ようやく、本体が組みあがりました。

シールドとスパイクアーマーを組みました。
スパイクアーマーの部品は、一体成型なのでパーティングラインの処理だけで済みます。

今までのザクとは、この辺りが違いますね。

それから腰部の製作です。
腰部もアーマーなどが良く可動するのですが、部品の点数は今までのMGとさほど変わらない印象です。

ここも、ゲート処理をペーパー掛けて行いました。

それから、各パイプ類の製作です。
胸部のパイプを製作したときも書きましたが、部品がランナーに結構がっちりと固定されているので、スライドさせて製作するのはかなり力が要ります。

私の場合はパイプ類は先に、ゲート処理していました。
ランナーのタグを残して、一旦そのまま切り取りヤスリ掛けします。

こうすると説明書にあるようにスライドさせて製作することは出来ません。
ただ、ゲート処理は非常に楽です。

パイプをランナーから、スライドさせて抜き取るのは上にも書いてある通り、かなり力が要りますし非常に面倒くさいです。
結局、パイプの真横をカットして、一個一個ランナーから抜きやすくしてから製作しました。

この方法が一番手間が掛からず良い方法だと思います。

これで一通り本体の部品が仕上がったので、組んでみました。

若干細身な感じはしますが、太腿など適度に太くて力強さを感じます。
どちらかと言うと、F2型の方が力強くて好きなのですが、このザクもなかなか良いですね。
R0010854

R0010856

R0010855

これから仕上げをどうしていくか、また考えます。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/26

脚部外装と腕部製作! MG MS-06JザクVer.2.0製作記6

インナーフレームの製作が終わっていたので、脚部の外装から製作しました。
R0010850

太腿3、膝3、脛5、足首4と片足だけで15個もの外装があります。
太腿と、脛の部品は、インナーフレームに付けてから、ゲート跡の処理とペーパー掛けしました。

こうして作業する方が、綺麗に整面できます。
ただ、パーツ数が多いので時間が掛かります。

こうして脚部の外装も仕上がったので、一旦洗浄して乾燥させます。

それから今度は腕部の製作です。
手首は先に作っていたので、まだ楽に作業出来ました。

これも、脚部同様、前腕と上腕はインナーフレームに付けてから、ゲート跡の処理とペーパー掛けしました。

特に前腕は合わせ目がなく、パーティングラインも処理しやすかったです。

脚部と腕部が出来たので、作業がずいぶん進んだような気がします。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/22

左脚インナー製作! MG MS-06JザクVer.2.0製作記5

まあ、これぐらいの進捗状況で更新するのも、ちょっと恥ずかしいですが...
左脚のインナーフレーム製作しました。

昨日、右脚のインナーを製作してアップしたのですが、写真がわかりづらかったので、今日は反省を生かしました。
組み込んだシリンダーを、もう少しわかるように写真撮りました。

前部のシリンダーを伸ばしたとこです。
シルバーと、ゴールドが良い感じに仕上がっているのではないでしょうか。
R0010844

やっぱり、きちんと塗装した甲斐がありました。

後部のシリンダーを引き出したところ。
かなり可動しますね。後のシリンダーは2本構成なんですね。
R0010845

横から見たところ。
昨日の右脚の写真より、フレームの感じがよくわかります。
R0010846

本当に精密に出来ています。

これで脚部のインナーフレームの製作は終わりました。
次は、腕部のインナーフレームを製作するか、脚部の外装を製作するかどちらかですね。

ここまできたら、ゆっくり仕上げます。

************************************************
ガンプラ新製品もここから↓
Daiのおすすめガンダム関連商品が探せます!
************************************************



| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BANDAI 1/100 00 GN-001ガンダムエクシア製作記 | BANDAI 1/100 00 GN-002ガンダムデュナメス製作記 | BANDAI 1/100 F91 XM-01デナンゾン製作記 | BANDAI 1/100 SEED MBF-P03 ガンダムアストレイブルーフレーム製作記 | BANDAI 1/100 SEED ZGMF-X19Aインフィニット・ジャスティス製作記 | BANDAI 1/100 SEED ZGMF-X20Aストライクフリーダムガンダム製作記 | BANDAI 1/100 SEED ZGMF-X23Sセイバーガンダム製作記 | BANDAI 1/100 SEED ZGMF-X42Sデスティニーガンダム製作記 | BANDAI 1/100 SEED ZGMF-X56S/αフォースインパルスガンダム製作記 | BANDAI 1/20 スコープドッグ製作記 | BANDAI 1/400 ガンコレ ムサイ製作記 | BANDAI EXモデル 1/100、1/144ドップファイター製作記 | BANDAI EXモデル マゼラアタック製作記 | BANDAI FG GN-001ガンダムエクシア製作記 | BANDAI FG GN-002ガンダムデュナメス製作記 | BANDAI FG GN-003ガンダムキュリオス製作記 | BANDAI FG GN-005ガンダムヴァーチェ製作記 | BANDAI Figure-rise6 ブラックロータス製作記 | BANDAI HG00 AEU09 AEUイナクト(デモカラー)製作記 | BANDAI HG00 AEU-09Y812/A サーシェス専用AEUイナクトカスタム(アグリッサ型)製作記 | BANDAI HG00 GN-0000 00ガンダム製作記 | BANDAI HG00 GN-000 0ガンダム実戦配備型 製作記 | BANDAI HG00 GN-001ガンダムエクシア製作記 | BANDAI HG00 GN-002ガンダムデュナメス製作記 | BANDAI HG00 GN-003ガンダムキュリオス製作記 | BANDAI HG00 GN-004ガンダムナドレ製作記 | BANDAI HG00 GN-005ガンダムヴァーチェ製作記 | BANDAI HG00 GN-006ケルディムガンダム製作記 | BANDAI HG00 GN-008&GN-009セラヴィーガンダム&セラフィムガンダム(トランザムモード)グロスインジェクション製作記 | BANDAI HG00 GNW-20000アルケーガンダム製作記 | BANDAI HG00 GNX-603Tジンクス製作記 | BANDAI HG00 GNX-704T/AC ミスターブシドー専用アヘッド製作記 | BANDAI HG00 GNX-704Tアヘッド製作記 | BANDAI HG00 GNZ-005ガラッゾ製作記 | BANDAI HG00 MSJ-06ⅡA ティエレン地上型 製作記 | BANDAI HG00 SVMS-01ユニオンフラッグ(量産型)製作記 | BANDAI HGAGE AGE-1TガンダムAGE-1タイタス製作記 | BANDAI HGAGE AGE-1ガンダムAGE-1ノーマル製作記 | BANDAI HGAGE RGE-B790CWジェノアスカスタム製作記 | BANDAI HGAGE RGE-B790ジェノアス製作記 | BANDAI HGAGE XVV-XCゼダス製作記 | BANDAI HGAGE ガフラン製作記 | BANDAI HGBF KUMA-03ベアッガイⅢ製作記 | BANDAI HGBF MS-06R-ABザクアメイジング製作記 | BANDAI HGGPB GPB-X80ビギニングガンダム製作記 | BANDAI HGRiG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)製作記 | BANDAI HGUC AMX-003ガザC製作記 | BANDAI HGUC EMS-10ヅダ製作記 | BANDAI HGUC FA-78-3フルアーマーガンダム7号機製作記 | BANDAI HGUC MRX-044アッシマー製作記 | BANDAI HGUC MS-05BザクⅠ黒い三連星仕様 製作記 | BANDAI HGUC MS-05LザクⅠ・スナイパータイプ製作記 | BANDAI HGUC MS-06FSザクⅡFS型(ガルマ専用機)製作記 | BANDAI HGUC MS-06FZザクⅡ改製作記 | BANDAI HGUC MS-06量産型ザク 製作記 | BANDAI HGUC MS-09F ドム・トローペン(サンドブラウン)製作記 | BANDAI HGUC MS-09RSシャア専用リック・ドム製作記 | BANDAI HGUC MS-09R リックドム製作記 | BANDAI HGUC MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン製作記 | BANDAI HGUC MS-14Fs ゲルググ・マリーネ 製作記 | BANDAI HGUC MSA-005メタス 製作記 | BANDAI HGUC MSM-04アッガイ製作記 | BANDAI HGUC MSM-07EズゴックE製作記 | BANDAI HGUC MSM-07Sシャア専用ズゴック製作記 | BANDAI HGUC MSN-001Xガンダムデルタカイ製作記 | BANDAI HGUC MSN-02 ジオング(シャア専用カラー) | BANDAI HGUC ORX-005 ギャプラン製作記 | BANDAI HGUC RGC-83ジムキャノンⅡ製作記 | BANDAI HGUC RGM-79Gジム・コマンド製作記 | BANDAI HGUC RGM-79Qジム・クゥエル製作記 | BANDAI HGUC RGM-79 パワード・ジム製作記 | BANDAI HGUC RGM-79ジム 製作記 | BANDAI HGUC RMS-106ハイザック(地球連邦軍カラー)製作記 | BANDAI HGUC RMS-108マラサイ製作記 | BANDAI HGUC RX-0ユニコーンガンダム2号機バンシィ(ユニコーンモード)製作記 | BANDAI HGUC RX-0ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)製作記 | BANDAI HGUC RX-110 ガブスレイ製作記 | BANDAI HGUC RX-121-1 ヘイズル改製作記 | BANDAI HGUC RX-121-2Aアドバンスド・ヘイズル製作記 | BANDAI HGUC RX-178ガンダムMKⅡエクストラフィニッシュバージョン | BANDAI HGUC RX-77Dガンキャノン量産型 製作記 | BANDAI HGUC RX-78-3 G-3ガンダム製作記 | BANDAI HGUC RX-78GP02Aサイサリス製作記 | BANDAI HGUC RX-78NT-1ガンダムNT1製作記 | BANDAI HGUC RX-79[G]陸戦型ガンダム 2機目 製作記 | BANDAI HGUC RX-79BD-2ブルーディスティニー2号機製作記 | BANDAI HGUC RX-79[G]陸戦型ガンダム製作記 | BANDAI HGUC YMS-15ギャン製作記 | BANDAI HG 1/144 Gセイバー(無重力仕様) 製作記 | BANDAI HG SEED GAT-01A1105ダガー+ガンバレル製作記 | BANDAI HG SEED GAT-X105Eストライクノワール製作記 | BANDAI HG SEED GSX-401FWスターゲイザーガンダム製作記 | BANDAI HG SEED MVF-M11C ムラサメ製作記 | BANDAI HG SEED ORB-01シラヌイアカツキガンダム | BANDAI HG SEED TMF/A-802モビルバクゥ製作記 | BANDAI HG SEED UT-1DシビリアンアストレイDSSDカスタム製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-1000ザクウォーリア アンド ZGMF-1000/A1ガナーザクウォーリア製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-1017M2ドムトルーパー製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-1017ジン タイプインサージェント製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-X09Aジャスティスガンダム製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-X2000グフイグナイテッド(量産機カラー)製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-X23Sセイバーガンダム製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-X24Sカオスガンダム製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-X31Sアビスガンダム製作記 | BANDAI HG SEED ZGMF-X666S レジェンドガンダム製作記 | BANDAI HG Ver.G30th RX-78-2ガンダム製作記 | BANDAI HG V LM314V23 V2バスターガンダム製作記 | BANDAI HGメカニクス MA-06ヴァル・ヴァロ製作記 | BANDAI LMHG エヴァンゲリオン初号機 エクストラフィニッシュバージョン製作 | BANDAI MEGASIZE AGE-1 ガンダムAGE-1ノーマル製作記 | BANDAI MEGASIZE RX-78-2 ガンダム製作記 | BANDAI MGFIGURE-RISE 仮面ライダーW サイクロンジョーカー製作記 | BANDAI MG F91 ガンダムF91製作記 | BANDAI MG GAT-X105Eストライクノワール製作記 | BANDAI MG GAT-X105ストライクガンダム+I.W.S.P.製作記 | BANDAI MG GUNDAM RX-78-2 ガンダムVer.1.5 製作記 | BANDAI MG LM312V04 VガンダムVer.Ka製作記 | BANDAI MG LM312V04+SD-VB03A VダッシュガンダムVer.Ka製作記 | BANDAI MG MS-06F2 ZAKUⅡF2 製作記 | BANDAI MG MS-06JザクVer.2.0製作記 | BANDAI MG MS-06JザクⅡ製作記 | BANDAI MG MS-06R-2ジョニー・ライデン専用ザクⅡVer.2.0製作記 | BANDAI MG MS-06Sシャア専用ザクⅡ製作記 | BANDAI MG MS-07B-3 グフカスタム 製作記 | BANDAI MG MS-09R リックドム製作記 | BANDAI MG MS-14S シャア専用ゲルググVer.2.0製作記 | BANDAI MG MS-18E ケンプファー製作記 | BANDAI MG MSA-003ネモ製作記 | BANDAI MG MSM-04アッガイ製作記 | BANDAI MG MSM-07S シャア専用ズゴック 製作記 | BANDAI MG MSN-06Sシナンジュ・スタインVer.Ka 製作記 | BANDAI MG MSZ-006 ZGUNDAM 製作記 | BANDAI MG RB-79Kボール Ver.Ka製作記 | BANDAI MG RGM-79Q ジム・クゥエル製作記 | BANDAI MG RGM-79ジムVer.2.0製作記 | BANDAI MG RGM-79[G]ジム・スナイパー製作記 | BANDAI MG RMS-099 リックディアス製作記 | BANDAI MG RX-178ガンダムMkⅡ Ver.2.0(エウーゴ仕様)製作記 | BANDAI MG RX-178スーパーガンダム製作記 | BANDAI MG RX-78-2 ガンダム Ver.Ka 製作記 | BANDAI MG RX-78-2ガンダムver.OYW0079 製作記 | BANDAI MG RX-78-3G-3ガンダム製作記 | BANDAI MG RX-78Fb GP01 ガンダム試作1号機 製作記 | BANDAI MG RX-78GP03S ガンダム試作3号機ステイメン 製作記 | BANDAI MG RX-78NT-1 アレックス製作記 | BANDAI MG RX-79G 陸戦型ガンダム製作記 | BANDAI MG WD-M01 ∀ガンダム製作記 | BANDAI MG XM-X1 クロスボーンガンダムX1 | BANDAI MG XM-X1クロスボーンガンダム X-1 フルクロス製作記 | BANDAI MG XXXG-00W0 ウイングガンダムゼロ(エンドレスワルツ版)製作記 | BANDAI MG YMS-15ギャン製作記 | BANDAI MG ZGMF-X10Aフリーダムガンダム エクストラフィニッシュバージョン | BANDAI MG ZGMF-X10AFREEDOM GUNDAM | BANDAI MG 真武者頑駄無 製作記 | BANDAI RG GAT-X105エールストライクガンダム製作記 | BANDAI 宇宙戦艦ヤマト2199 1/72 零式52型空間艦上戦闘機コスモゼロα1製作記 | BANDAI メカコレ ガミラス艦 製作記 | BANDAI メカニックコレクション アレクサンダ アキト機製作記 | FineMolds 1/72 サボイアS.21F”後期型”製作記 | FineMolds SW11 1/144 ミレニアムファルコン製作記 | KOTOBUKIYA A.C.V.I. BFF063AN アンビエント製作記 | KOTOBUKIYA A.C.V.I. クレストCR-C98E2強襲型Ver製作記 | KOTOBUKIYA HMM ZOIDS EZ-016 セイバータイガー製作記 | KOTOBUKIYA 1/144ラインバレル製作記 | TAMIYA 1/24ポルシェ962C(シェルカラー)製作記 | アニメ・コミック | ウルトラマン | ガンダム | ガンダムMSVシリーズ | ガンプラ | サッカー | トミカ | フットサル | プラモデル | 仮面ライダー | 料理 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 育児 | 音楽